日本橋木屋の鎌形包丁

¥ 9,900

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 1,320円
    • 東北

      • 青森県 1,100円
      • 岩手県 1,100円
      • 宮城県 1,100円
      • 秋田県 1,100円
      • 山形県 1,100円
      • 福島県 1,100円
    • 関東

      • 茨城県 825円
      • 栃木県 825円
      • 群馬県 825円
      • 埼玉県 825円
      • 千葉県 825円
      • 東京都 825円
      • 神奈川県 825円
      • 山梨県 825円
    • 信越

      • 新潟県 825円
      • 長野県 825円
    • 北陸

      • 富山県 935円
      • 石川県 935円
      • 福井県 935円
    • 東海

      • 岐阜県 750円
      • 静岡県 750円
      • 愛知県 750円
      • 三重県 750円
    • 近畿

      • 滋賀県 825円
      • 京都府 825円
      • 大阪府 825円
      • 兵庫県 825円
      • 奈良県 825円
      • 和歌山県 825円
    • 中国

      • 鳥取県 935円
      • 島根県 935円
      • 岡山県 935円
      • 広島県 935円
      • 山口県 935円
    • 四国

      • 徳島県 1,100円
      • 香川県 1,100円
      • 愛媛県 1,100円
      • 高知県 1,100円
    • 九州

      • 福岡県 1,100円
      • 佐賀県 1,100円
      • 長崎県 1,100円
      • 熊本県 1,100円
      • 大分県 1,100円
      • 宮崎県 1,100円
      • 鹿児島県 1,100円
    • 沖縄

      • 沖縄県 1,320円
通報する

【包丁で面白いと思うこと】
三保原屋本店でも多くの包丁を扱っています。
包丁で面白いなと思うのは、
●お値段がピンキリであること(材料と、包丁制作の作業工程で大きく異なります)
●安いものも高いものも、最初の切れ味は一定であること(最初だけですが)
●どんな包丁も必ず研がなければならないこと
です。

【結局、どの包丁がお勧めか】
最終的には、
●用途(刃渡りや形)
●手で持った感触(重い・軽い、握りやすい・握りにくい)
●ご予算や見た目
●産地のお好み
●研ぐ・研がないなど、メンテナンスの有無(研ぐ頻度の少ない方はステンレス製)
など、お客様の判断によるところが大きいのが包丁です。
ただ、100円ショップの包丁と、ちゃんとした包丁の違いを答えるのであれば、材料と工程の違いになります。

通販上であえて載せるのであれば、木屋の包丁は1本載せておきたいところです。
それは、店頭接客している時に、女性のお客様の多くが【持ちやすい】と気に入ってくださるからです。

また、こちらの包丁は、野菜を中心に、肉や小魚など多目的に使って頂くのに便利な形になっております。(一般的に、肉は牛刀。野菜は菜切包丁。と、切るものにより専用の名前の包丁がありますが、こちらは比較的万能な形をしています。)

【包丁の値段と品質】
以前、ある包丁メーカーさんに
「基本的に包丁は、値段相応ですよ。」
と教えてもらったことが頭から離れません。


現在、殆どの包丁が量産型としてつくられております。
(一方で、鉄の塊から打ち出す包丁は、一部でしか見なくなっています。)
量産されている包丁でも、実は多くの工程を経て、1本の包丁がつくられています。

高い包丁は材質(刃や持ち手)や工程がしっかりとしており、安い包丁は材質や工程を出来るだけ安く仕上げている傾向があります。


【この包丁の特徴】
●材質にはエーデルワイス鋼
刃には、刃物専用鋼材のエーデルワイス鋼(ステンレス)を使っています。ステンレスは錆びにくい性質があります。

●持ちやすい持ち手
木屋の包丁はハンドルデザインが独特で、特に女性の方に優しい持ち手になっています。
実際に店頭でお客様のご意見を伺うと、持ちやすさへの評価が高い包丁です。

【包丁を長持ちさせるには】
①洗ったら柄を拭いてください
永年使うと、柄の部分が水に侵食されてしまいます。洗うたびに、柄まで拭いていただけると、最終的な長持ちの度合いが大きく変わります。

②定期的(年に1~2度)に、研ぎに出してください
使われる方によって、実はかなりの差がでるのが包丁。
柄に近いところで切るのが好きな方もいれば、先端部に近い部分を駆使される方もいます。
また、おうちで研がれる方も、研ぎ方に個人のクセがあるので、出来れば定期的に刃物屋さんに研ぎに出していただけますと長く使えるようになります。
三保原屋本店でも、刃物屋さんへの研ぎを承っております。(状況により価格が変わります。)
(包丁の研ぎ教室をすると、稀に、ナタのように変形した包丁をお持ちの方がいらっしゃいますが、切り方や研ぎ方で大きく形が変わるのが包丁です。)

【最後に100円ショップの包丁の問題点】
残念ながら、100円ショップの包丁などは研いでも切れ味を長く保つことができません。
また、ギフトカタログなどで掲載されいる包丁の中には、100円ショップ級の包丁も含まれてしまっています。ちゃんとした工程をふんでいない包丁(極端に言えば100円ショップ級の包丁)は、研いでも一時的にしか切れ味が持ちません。

【商品詳細】
商品名:木屋の包丁(No180)
形:鎌形(牛刀や菜切包丁を合わせた形)
刃渡り:180mm
重さ:約156g
刃:エーデルワイス鋼(ステンレス)
柄:ポリアセタール樹脂(水に強い素材です)

【注意事項】
●長く切れ味が保たれますが、切れ味が落ちます。定期的に研いで頂ければ、切れ味が復活します。この特質は、どの包丁も同じです。
●ステンレスは錆びにくい性質を持っていますが、絶対に錆びないわけではありません。使用後は洗い、布巾で水滴を拭き取り、乾かしてください。
●漂白剤に長くつけると金属が腐食します。腐食した金属にヒビががいると、包丁が折れたり欠けたりすることがあります。お気を付けください。こちらの特質も金属製の包丁全てに共通します。特に、長時間、漂白剤に浸けることは避けてください。
●刃物なので怪我にご注意ください。
●乾燥時は柄まで拭き取っていただけると、長くご利用いただけます。

ショップの評価

  • 名倉農場さんのマスクメロン

    名倉農場さんのマスクメロン