鰹節削り器(工房アイザワ) | 三保原屋本店

1/10

鰹節削り器(工房アイザワ)

¥18,700 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

いま、見直されているダシの文化。
三保原屋のある静岡といえば、焼津産の鰹節です。
以前は静岡の各ご家庭に鰹節削りが置いてあり、鰹節を欠く(削る)のは子供の仕事でした。
一般的に、鰹節の「刃」を鉋刃、「刃」がついている台を鉋台と呼びます。鉋は大工道具の1つで、材木の表面を削り滑らかにするものです。構造が殆ど同じで、メーカーさんも、鉋をつくりながら、同じ工場内で鰹節削りをつくることがあります。

本桐の香りのする削り器で、鰹を削ると、ふわっと鰹節の香りがします。
写真のようにちゃんと削れるのは、鰹節も鰹節削りも良いものだから。よくお客様から聞く悩みとしては、鰹節を削ると「粉」になってしまうということ。
鰹節そのものが乾燥しすぎていたり、刃に問題があると、粉になってしまいます。
三保原屋本店の店頭では、【鰹節】も販売しております。ご要望があれば通販でも取り扱いたいと思います。

●削り器について
鰹節削りの価格帯は様々。5,000円~20,000円を超えるものまであります。
この価格差は、削り器内部の「刃」で決まってきます。包丁も価格帯がピンからキリまであるように、鰹節削りも「刃」によって価格が異なります。
「刃」は、鋼のものと、ステンレスのものがあり、包丁と同様、鋼のもののほうが高価になることが一般的です。この鰹節削りの「刃」は昔ながらの鋼です。鋼にもランクがあるのですが、ここでは説明を割愛します。
なお、本体の桐は耐湿性があり、反りや割れの度合いが少なく、虫が付かない理想的な箱材です。

【注意】
鰹節削りは、ご購入後に「刃」の調整が必要となります。
「刃」を後ろから木づちでトントン叩くと、厚く削れるようになります。一方で、「刃」を持って、本体(鉋台)を木づちでトントン叩くと、「刃」が引っ込み、薄く削れるようになります。最後に左右の調整をします。
調整は、「刃」を一度引っ込めてから、少しずつ出していくのが良いかと思います。

●メンテナンスについて
食洗器は不可です。また、鋼は洗った後は水分をよく拭き取り乾燥させないと錆びますのでご注意下さい。


【詳細】
商品名:本桐 鰹節削箱
サイズ:(約)縦24.5cm×横10.8cm×高さ11.5cm
重量:950g
素材_本体:桐
素材_鉋台:樫
素材_鉋刃:鋼
裏面に滑り止めはついておりませんが、極端に滑る素材ではございません。

【注意事項】
・食洗器不可。刃を濡らした場合は、水分をよく拭き取り乾燥させてください。鋼は錆びる材質です。
・木は天然素材です。急激な温度変化や、急激な乾燥は、ヒビや反りの原因となります。
・鋭い刃物がついており、怪我をする場合がございます。お取り扱いにご注意ください。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (4)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥18,700 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品