リバーライトの鉄フライパン(24㎝、26cm、28cm) | 三保原屋本店

1/9

リバーライトの鉄フライパン(24㎝、26cm、28cm)

¥6,160 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

※こちらは、通常の形のフライパンです。炒め鍋ではありません。※
三保原屋本店で一番売れている鉄フライパンは、リバーライトです。静岡県下でも数少ないオフィシャルショップにも認定されております。
1枚目の写真は実際に使っている26cmのリバーライトの鉄フライパンです。

【他の鉄フライパンとの違い】
●使い始めが楽(最初の空焚きが不要で、IHの方も使いやすいこと)
●錆びにくい窒化鉄を使っていること
●持ち手が熱くならない木の持ち手であること
●窒化鉄と、鉄では若干油なじみに差があります(窒化鉄は油なじみに少し時間がかかります)

このあたりが挙げられます。
通常の鉄フライパンは工場からの出荷時に錆び止めを塗っております。そのため始めて使う際に、フライパンの両面をあぶり、錆び止めを焼ききる必要があります。この処理はガス火で行う必要があり、IHには不向きの作業です。
リバーライトは、錆びにくい窒化鉄でつくられているため、使い始め(初回)に、錆び止めを焼ききる必要がありません。そのためIHの方も簡単に使い始めることができます。
また、取り替えも可能(有料)な、木の持ち手なので、持ち手が熱くならないのもメリットです。
焦げ付きなどによる再生についても、自社サイトで詳しく解説されているのも、ユーザーには嬉しい点だと思います。


【おススメしにくい方】
鉄フライパンのご利用に悩まれている方へ。
●洗剤で洗いたくなってしまう方
●重いフライパンが苦手な方
●健康上の理由などで、油の多い料理を避けている方
は、鉄フライパンがオススメしにくい可能性があります。
鉄フライパンは、テフロンのような、焦げ付きにくい加工がされておりません。ただし、油馴染みが進むと、焦げ付きにくくなります。
どうしても焦げ付いてしまう方は、野菜炒め→卵→チャーハン・やきそば→餃子と進めてみると、鉄フライパンの扱いに慣れやすいかもしれません。

料理の最初に空焚きをしてフライパンを温め、油を多目に使ってください。
更に、鉄に油を馴染ませるために、洗剤のご利用を控えて頂いた方が、鉄の良さを感じやすいかと思います。

【詳細:取っ手を含めたサイズ】
サイズ 24㎝:約43.4cm×高さ約10.5cm、重さ830g、板厚1.6mm(満水1.4L)
サイズ 26㎝:約45.7cm×高さ約10.7cm、重さ950g、板厚1.6mm(満水2.0L)
サイズ 28㎝:約46.8cm×高さ約13cm、重さ1300g、板厚2mm(満水2.4L)
サイズアップすると、重くなりますが、28cmは板厚が厚くなるため、いっそう重さを感じやすいです。
※他サイズや、天ぷら鍋などの取り扱いも店頭にはございます。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (4)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥6,160 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品