【三保原屋本店について】 | 三保原屋本店

2021/07/19 06:00



三保原屋本店は、静岡駅前にある呉服町商店街にある「家庭用品店」です。
社歴は古く1687年より営業を続けていると伝わります。
なお、目のまえに通る商店街は、東海道そのものです。

店頭は婦人物屋さんの様ですが、店内には、
●キッチン雑貨(フライパン、包丁、鍋)
●陶器
●エプロンやタオル
●洋服、服飾
●カーテン、絨毯
の商品が並んでおります。



1687年当初は荒物(縄や竹ぼうきなど、天然素材を使った家庭用品)を扱う問屋だったようです。
昭和初期にプラスチックが日本に入ってきた時期に、荒物(天然素材)からの脱却を行い、家庭用品店になりました。

現在は、20代~90代とかなりの年齢層から愛されるお店となっています。
店内にはスタッフが数名おり、お取り寄せの商品を承ることもございます。


2020年に創業333周年を記念して、60年前の包装紙を復刻しています。
これがなかなか評判がよく、褒めて頂くこともあります。
通販でもプレゼント希望の旨をご記載いただけますと幸いです。